京阪電鉄不動産

  • 新築マンション
  • 首都圏マンション
  • 札幌マンション
  • 新築戸建
  • 仲介物件
  • リフォーム
  • インテリア

よくわかる売却ガイド

お住まいを売却するとお決めになりましたら、私たち京阪電鉄不動産は、お客様が満足される売却ができるよう、最初から最後まで万全の体制でサポートさせていただきます。

お客様ご自身でもできることがあります。

1.お住まいの印象を良くすること2.見学ご希望日にできるだけ合わせること3.妥当な価格設定
印象を良くすること

見学にいらっしゃった方に良い印象をもっていただくのが、ご売却への近道です。
家の中はもちろん、エントランスもきれいに片付けておきましょう。また、暑い時にはエアコンをつけるなどして、なるべく快適に見学していただくことも大切です 。

詳細は好印象マニュアルをご覧ください。

希望日に合わせること

ご自宅を売却される場合、住みながら売りに出されるケースがほとんどです。見学者をお連れする場合には事前にご連絡いたしますが、中には、図面を見て気に入って、すぐにでも見学に行きたい、という方もいらっしゃいます。 見学者がいつ来られてもよいように、媒介契約締結後はなるべく早く、お住まいをきれいに片付けておきましょう。

もちろん、仕事のご都合で土曜日しか見学者を受け入れられないというケースもあると思います。そういう場合は事前に担当者にお申し付けください。

土曜日の午後は必ず見学可能な状態にしておく、等の対応で売却チャンスを逃さないようにいたしましょう。

妥当な価格設定

売りに出したからには、なるべく高く売りたいのは当然のお気持ちだと思います。しかしながら、近年は、買主様もインターネットを活用し、たくさんの情報を得ていらっしゃいます。相場から離れた売出価格は売却活動を長期化させるだけで、決してよい選択ではありません。

営業担当者のアドバイスと合わせて、売主様ご自身も、相場について把握しておかれることは大切だと思います。 また、買主様との価格の交渉は、営業担当者にお任せになることが後々のトラブルを防ぎます。買主様にとっても人生の大きなお買い物。ここはプロの営業担当者をご信頼いただき、お任せいただくことがご満足いく売却につながります。

ページの先頭へ
Copyright(C) KEIHAN REAL ESTATE Co.,Ltd. All rights reserved.