京阪電鉄不動産について

100年を超える鉄道事業をベースに、地域密着の「まちづくり」に力を注いでいます。

京阪グループの源流は明治から

今をさかのぼること100年以上前、明治39(1906)年に京阪電鉄は産声を上げました。古都「京都」と商都「大阪」をつなぐ鉄道事業を開始。以来、大阪・京都・滋賀を結ぶ鉄道ネットワークを拡充し、お客さまの生活に密着した多様な事業を展開してきました。
この歴史を引き継ぎ、平成12(2000)年に京阪グループの1つとして誕生したのが、京阪電鉄不動産です。まずは、京阪電鉄不動産の源流である、京阪電鉄の歴史をご紹介します。

大阪・京都・滋賀を結ぶ地域の大動脈

京阪電鉄は明治43(1910)年に大阪・天満橋駅ー京都・五条駅間を開通後、着実に路線網の拡大を進めてきました。そして昭和42(1967)年には関西民鉄で初めてATS(自動列車自動停止装置)を導入するなど、安全性向上の様々な取り組みを行ってきました。こうした安全・安心のDNAと、時代の変化に柔軟に対応する挑戦の歴史を持つのが京阪電鉄です。
現在は、京阪本線・鴨東線、中之島線、交野線、宇治線、京津線、石山坂本線、鋼索線からなる総営業距離91.1kmの鉄道ネットワークを構築。大阪と京都の二大都市を結ぶ通勤・通学アクセスとして、また、京都やびわ湖への観光アクセスとして、1日平均約76万人のお客さまにご利用いただいています。

すまいづくり、まちづくりの京阪電鉄不動産

この京阪電鉄を核に、約50におよぶグループ会社を形成する京阪グループ。そして、京阪グループの総合力と沿線を結ぶネットワークにより、大規模住宅地の総合開発を手がけているのが京阪電鉄不動産です。京阪グループが沿線開発で培った歴史と経験を受け継ぎ、自然と都市が調和したすまいづくり、まちづくりを進めています。
京阪のまちづくりの歴史は古く、昭和3(1928)年にまでさかのぼります。大阪府寝屋川市香里園で大規模な住宅地開発と住宅建設を開始。以来、郊外住宅地の形成に力を注ぎ、京阪沿線を中心に事業エリアを広げてきました。
昭和43(1968)年に第1期分譲が始まった「くずはローズタウン」、「びわ湖ローズタウン」「京阪東御蔵山」、そして“太陽と緑と健康の街”をテーマに誕生した「京阪東ローズタウン」は、その集大成となりました。

首都圏にも広がるマンションライフのご提供

京阪電鉄不動産では、多様化するライフスタイルのニーズにお応えすべく、快適なマンションライフのご提供にも力を注いでいます。平成14(2002)年には、オリジナルマンションブランドの『ファインフラッツ』シリーズの展開を開始。シニア向け分譲マンション『ビジュール』シリーズの創設や駅前再開発事業への参画、大規模タワー型マンションをはじめとする他社との共同事業の参画も進めています。
そして、沿線外や首都圏においてもマンション事業を展開中です。洗練されたひとつ上の暮らしを追究する『ファインレジデンス』シリーズや新ブランド『エー スタンダード』など供給実績を重ね、札幌を中心とした北海道においても、快適な住まいをお届けしてまいります。