すまいづくり、まちづくり

快適で心地よい日常を紡ぐ「すまいづくり、まちづくり」を進めています。

人とまちが一緒に育つ「京阪のまち」

京阪電鉄不動産では、これまで大阪、京都、滋賀まで伸びる京阪沿線を中心とした関西圏に、温もりのあるまちづくりを進めてきました。近年では首都圏でも「京阪のまち」づくりに取り組み、「時代の先、理想の先、感動の先」を見据えたすまいづくりがお客さまに好評をいただいています。
私たちの考える「まち」とは、すべての人の暮らしを包む大切な場所だ、ということ。ただ住むだけでなく、快適で心地よい日常を紡ぎ、いくつもの夢やドラマを生み出すメインステージとなるところ。アクセスなどの生活機能の充実はもちろんのこと、歴史に培われたその土地ならではの空気感も大切だと考えます。そして、人が集い、人とまちが、一緒に育っていく。京阪電鉄不動産の「すまいづくり、まちづくり」のテーマです。

京阪だからできるトータルプロデュース

京阪電鉄不動産では、関西圏で培った大型プロジェクト開発のノウハウと創造性、そして首都圏で展開するマンション事業の実績を活かし、ここ北海道でもマンション開発を進めています。
京阪グループの総合力を発揮し、各種調査から販売、管理、アフターサービスにいたるまでのプロセスをトータルプロデュース。お客さまのニーズに的確にお応えできるサポートシステムにより、信頼と安心の住まい品質をご提供します。

すまいづくり、まちづくりの確かなプロセス

京阪電鉄不動産が展開するマンション開発のトータルプロデュース。用地取得から市場調査、商品企画、生活提案、品質管理、そしてアフターサービスまで、その確かなプロセスをご紹介します。

お客さまの声を集めて取り組む「用地取得」

マンション建設予定地の住環境、利便性、風土・歴史を調査。さらに実際にその土地の周辺にお住まいの方にインタビューを行い、具体的な声を集めることで、ご購入いただくお客さまのライフスタイルを想定します。「こんな素敵な場所に住んでいただきたい」と思える土地に出合うため、緻密な調査を行います。

快適な室内空間の創造を目指す「商品企画」

住戸の方位・日照、採光・通風、高さ制限、広さ、間取り、間口等を調査検討し、快適な設計プランを選定します。またライフスタイルと合ったコンセプトの元、外部の設計・施工スタッフと協力して、より快適な室内空間を創り上げます。

確かな品質を確保し管理する「設計施工」

土壌の状況調査と改良対策、支持地盤調査による建物基礎構造の決定、騒音測定による防音対策の決定を行います。当社の品質管理基準に沿った設計・施工を発注すると共に、当社と国土交通大臣が指定する第三者機関による現場での実際の検査を通して、建物の「耐久性」「機能性」「デザイン」といった確かな品質を確保します。

高信頼性の「品質管理・アフターサービス」

快適な暮らしを継続いただくためにアフターサービスにも力をいれています。最長10年にわたる部位別補修期間を定め、完成後約3ヶ月、1年、2年目に定期補修を行います。ご入居後のマンション管理は京阪グループの『京阪カインド』が中心となり、ご入居者さまで結成いただく管理組合をサポートする各種業務を行います。