COLUMNお役立ちコラム

お部屋の模様替えで、大型家具を動かしたい…そんなときは!
簡単に家具を動かす3つのアイテム

2019/12/20
イメージ

タンスや食器棚などの大型家具、置き場所を変えたりするだけでも、部屋の印象をガラリと変えることができます。しかし、重みのある大型家具を移動させるのは一苦労ですね。特に女性一人の力では難しく、無理やり動かそうとすると、床を傷つけてしまったり、ぎっくり腰の原因にもなりかねません。

重たいタンスを動かすには?
イメージ

一人の力ではどうにもならず、引越し業者に依頼し、大型家具の移動を頼むことも。しかし、当然のことながら、費用がかかってしまいます。費用をあまりかけずに簡単にタンスを動かす方法とは…。

便利アイテム3選

いずれも簡単に手に入るものばかりで、驚くほど手軽でスムーズ。ぜひ参考にしてみてください。

段ボール
1.ダンボール
あのダンボールが大型家具を動かすときに大活躍!スーパーやコンビニなどに行くともらえることがありますね。
アルミホイル
2.アルミホイル
アルミホイルも家具の移動に役立ちます。床がカーペットであれば、ダンボールや毛布よりもアルミホイルが最適です。
軍手
3.軍手
使用する軍手は、手のひらの部分にゴムの滑り止めがついたタイプのもの。2組の軍手が必要ですので、注意しましょう。
各アイテムの利用法
イメージ
1.ダンボール
まずダンボールを開いて平らな状態にします。家具の端を持ち上げ、家具と床の間にダンボールを挟み込みます(反対側も同様に)。ダンボールを挟むことで家具が滑りやすくなるので、スムーズに移動させることができます。ダンボールがない場合、古くなった毛布で代用することも可能です。
2.アルミホイル
アルミホイルを適当な大きさにちぎり、光っている面を上にして、ダンボールと同じように家具の下に挟みます。ダンボールと同じく、こちらも簡単に動かすことができます。
3.軍手
動かしたい家具の四隅に、滑り止めの部分を上にした状態で軍手を差し込みます。後はゆっくりと家具を押すだけ。滑り止めでしっかりと家具を固定しながら、床の上を滑らせてくれます。
*注意*
家具や棚の中身が入った状態では、誤って転倒した場合、ケガをする恐れがありますので、できるだけ中身は外に出した状態で行いましょう。
おしまいに

いずれのアイテムも安価で手に入りやすいものばかり。是非一度試してみてはいかがでしょうか。
但し、くれぐれも無理は禁物!道具を使ってもうまく動かない場合は、家族や知人に協力を仰ぎ、ケガのないよう慎重に行ってください。

Copyright © KEIHAN First Reform Plaza. All rights reserved.
トップへ戻る